News

トップページ新着情報>2017年

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2017.09.01

社長コラムNo.3 植物の奥深さに魅せられる

弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は株式会社キーストーンテクノロジー社長を務める岡﨑聖一です。

今回のテーマは、私が新規事業推進のため、自ら大学・大学院で研究開発にチャレンジしたストーリーについて語ります。

突然ですが皆さんは動物と植物の違いをご存知ですか?動物はアフリカを起源とする人類がユーラシア大陸を渡り、北ア

メリカ大陸から南アメリカ大陸の先端まで移動して繫栄したように、環境が変わればもっといい土地を探して移動できま

す(従属栄養生物)。一方、植物は根を張ったら一生動くことは出来ずに、そこで次世代に命のバトンを渡さなければなり

ません。それを可能にしているのは、植物は「環境に応答」し、光合成により自ら必要なエネルギーや栄養素を作り出すこ

とが出来る(独立栄養生物)のです。暑くても寒くても脳が無いのに環境に応答または適応し、20億年も前から地球の命を

支えてきた植物に対して私は心から尊敬の念を抱いています。研究すればするほど植物の魅力にハマります。

人工光型植物工場は、一般的に室内において人工光と水耕栽培を組合わせて植物を生産するシステムです。植物生産に適し

た「環境制御」をどのように行うかが重要になります。特に光合成の主役である“光”を植物がどのように使いこなしている

かが理解できなければ、植物栽培に最適なLED光源の製品化は不可能です。

私は、大学・大学院で植物生理学、分子生物学、遺伝子工学等を学び、植物工場装置メーカーとして必要な知見を蓄積する

ことが出来ました。植物生理学の教科書を手にした時、そのあまりにも広範囲で難解な内容に思わず教科書を破り捨てたい

衝動に駆られたものです。植物は生物なのに、生物学の他に、物理学、化学、遺伝子工学などの知見が求められ、門外漢

だった私は石に噛り付く思いで必死に勉学に励み、植物は「エネルギーとして」「シグナルとして」光を使いこなしている

という重要な手がかりを得ることが出来、それをきっかけに実験が加速していきました。

次回は、植物は「エネルギーとして」「シグナルとして」光を使いこなしていることを更に掘り下げていきます。

 

2017.08.29

日本生物環境工学会2017年松山大会にて弊社代表が口頭発表します。

日本生物環境工学会2017年松山大会にて弊社代表が口頭発表します。

日付:2017年8月31日(水)

時間:10:45~12:00

会場:【A会場】セッション3 機能性成分

上記時間に5つの口頭発表がございます。

持ち時間は約15分で、弊社代表は5番目です。

A11 光環境制御、気温条件がリーフレタスの葉酸塩生合成量に及ぼす影響

に関して発表させていただきます。

2017.08.18

社長コラムNo.2 LED光源植物栽培は暗中模索から

弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は株式会社キーストーンテクノロジー社長を務める岡﨑聖一です。

今回のテーマは、私がゼロからLEDで植物栽培研究開発と実用化にチャレンジしたストーリーについて語ります。

私は現在植物生理学の研究者でもあるのですが、前回のコラムでお話ししたように、元々の専門は電子工学でした。

2000年北米発ITバブル崩壊をきっかけに、電子技術+環境事業=「LEDを使用した植物工場」を新規事業のテーマに据えて、

自分が陣頭指揮を執り、室内でLED光源による植物栽培の実験を始めたのです。当時の私が知っていた光合成に関する知識は

小学生レベルから進歩していませんでした。“光合成は水と二酸化炭素を材料に光のエネルギーを用いてデンプンを作る”と

いう程度のものでした。

論文の情報を頼りに赤・青LEDを組み合わせた植物栽培実験用LEDライトを作り、意気揚々と実験に取り組みました。

ホームセンターで買ってきた種・苗にLEDライトの光を照射し、段ボールで作った簡易暗室で発芽や成長を試みます。

結果は大失敗!種は1月経っても発芽せず、苗は成長どころか枯れてしまいました。辛い現実を受け止めて、何が失敗原因

なのか追求し、植物栽培実験用LEDライトの性能以前に、自分が「植物がどのように光を使いこなすか」という一丁目一番地

の大切な事が分かっていない、つまり全くの素人では失敗は必至と気づきました。

そこで私の次の挑戦が始まります。大学・大学院で植物生理学を中心に専門教育を受けたのです。

次回は社長自ら新規事業推進のため、大学・大学院で研究開発にチャレンジしたストーリーをご紹介します。

 

2017.08.14

横浜国立大学経営学部ビジネス・キャリア教育プログラムにて講演を行いました。

横浜国立大学経営学部で行われているビジネス・キャリア教育プログラムで

毎年弊社代表は講演を行っております。

2016年度の実施報告書では、ご参加いただいた沢山の生徒さんから好評を博したと報告をいただきました。

弊社では植物工場普及に向けて代表者が講演会、大学等での講義、各種セミナーを積極的に行っています。
ご希望の方はお電話、または こちらから 弊社広報担当者にお問い合わせください。

 

2017.08.01

社長コラムNo.1 植物工場事業創業物語

弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は株式会社キーストーンテクノロジー社長を務める岡﨑聖一です。
今回のテーマは、私が植物工場事業を創業したストーリーについて語ります。
お陰様で現在弊社は人工光植物工場業界では一定の評価を得て、独自の地位を確保しておりますが、私は農業に従事し
たことは無いのです。意外に思われるかもしれないですが、私はこの事業を始める前は電子応用機器開発エンジニアでした。
日本には多くの電機メーカーがありますが、1社だけでは製品開発は出来ない時代になっています。商品企画や仕様を
大手電機メーカーが作り、開発・試作は出入りの業者に任せる事が多いのです。電子応用機器受託事業を主業として
いた頃は、各種通信機器、高周波測定器、画像処理装置等の開発に携わっておりました。
電子立国ニッポンに逆風が吹き始めたのは2000年北米発ITバブル崩壊が契機でした。私の事業もピンチに立たされ、受
託型事業の将来性に大きな危機感を抱きました。
そこで私は自分の技術基盤である電子技術をベースに、「環境事業」に進出する決心をしました。しかし、電子技術+
環境事業の明確な処方箋は誰も教えてくれません。新規事業探索試行錯誤を繰り返し、最終的にたどり着いたのが、
「LEDを使用した植物工場」の研究開発でした。でもここからは苦難の連続でした・・・
次回はゼロからLEDで植物栽培の研究開発と実用化にチャレンジしたストーリーをご紹介します。

2017.07.20

平成29年7月15日発行「農業電化」に掲載されました。

平成29年7月15日発行「農業電化」に掲載されました。

「農業電化」は、農業の情報化、環境に優しい農業などに対応する電化技術の開発・普及研究の活動をしている

一般社団法人農業電化協会が発行しています。

P.13レタス生産だけが植物工場ではない~植物工場ならではの特徴を活かした事業創造~

5ページに渡り掲載されています。

インターネットからもご購入いただけます。

>>平成29年7月15日発行「農業電化」
http://www.noden.or.jp/kikanshi.html/

 

 

2017.06.19

三井FOODSHOWに参画いたします。

日時:2017年6月21日(水)~22日(木)10:00~17:00 (最終日のみ16:00終了)

会場:パシフィコ横浜(ホールA・B)

ブースNo:ホールB-M3
ベジフル&ハートフル お届けします とっておきのベジフル

■高機能性野菜

RGB独立制御型LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を使用して栄養素をコントロールした高機能性野菜を栽培。 弊社は、10年にわたる研究開発期間を経て、栽培品種ごとに最適な光質バランス(赤・青・緑色光)を適切にコントロールすることで野菜の機能性成分含量を増やすことを明らかにしました。 ビタミン・葉酸塩・ポリフェノールなどが多く含まれる高機能性野菜の商品化と事業化に成功しました。
メジャーな葉野菜はもちろん国内市場流通量の少ない野菜品目含め、100品目以上の高付加価値野菜生産に成功しています。
弊社ブースでは最新栽培技術を使用した高機能性野菜をご試食いただけます。

みなさまのご来場をお待ちしております。

 

 

2017.06.19

レタス植物工場儲かっていますか?

トップページのキャッチコピーを変更いたしました。

レタス工場儲かっていますか?

高機能性野菜・エディブルフラワー栽培で「価値組」植物工場を実現!

R/G/B独立調光LED栽培システムが光を使いこなして植物の潜在能力を引き出し、栄養価コントロール栽培を可能にしました。

レタスシェア争いから抜け出し、植物工場事業は新たなステージ

 

今後もキャッチコピーは定期的に更新をいたします。

弊社代表のコラムも配信予定です。

お楽しみに!

 

2017.05.25

植物工場事業成功のヒントがここにあります。

植物工場事業成功のヒントがここにあります。

~ LED菜園見学のご案内 ~

植物工場事業化を検討している方、

機能性野菜・エディブルフラワー生産、

流通に関心のある方を対象にLED菜園見学を承ります。

ご予約・お問合せ

キーストーンテクノロジー

Tel.045-222-3117

WEBでお問合せ

受付時間9:00~17:30、土日祝を除く

 

2017.05.18

創造的新技術研究開発計画認定事業に認定されました。

創造的新技術研究開発計画認定事業に認定されました。

神奈川県では、新たな技術の研究開発を行う中小企業を応援する制度を設けています。

新たな技術に関する研究開発計画を策定し、計画が知事から認定されると、各種の支援が受けられます。

弊社は「LED光質制御による高機能性野菜生産システムの研究開発」をテーマに認定を得ました。

 

 

2017.04.28

中小機構が運営するマッチングサイト、ジェグテックに弊社の情報が掲載されました。

中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)が運営するビジネスマッチングサイト、ジェグテックに弊社の情報が掲載されました

ジェグテックは日本のイノベーションと大手企業・海外企業のビジネスマッチングサイトです。
ぜひご覧ください。
⇒ジェグテック 弊社掲載ページ

2017.04.12

「FLAG Vol.1 Food Life Agricultural Gas ガスが彩る食と農」に掲載されました。

「FLAG Vol.1 Food Life Agricultural Gas ガスが彩る食と農」に掲載されました。

工業ガス市場の動向を特集した専門誌 「ガスレビュー」をはじめ各種工業ガスの専門誌を出版しておられる株式会社ガスレビューがこの度、新刊「FLAG Vol.1」を発刊いたしました。

数ある工業ガスの用途の中で、食品・農業にスポットを当てた単行本のSCOOPページに弊社の植物工業が紹介されました。

紫がかったLEDの植物工場の様子が大きな写真で掲載されています。
⇒ガスレビュー

2017.04.12

公益財団法人横浜企業経営支援財団のホームページに弊社の企業紹介が掲載されました。

公益財団法人横浜企業経営支援財団のホームページに弊社の企業紹介が掲載されました。

中小企業支援法に基づき、横浜市長から指定を受けた市内唯一の「中小企業支援センター」として活動しておられる横浜企業経営支援財団の環境関連ビジネスに取り組む横浜企業一覧に弊社もご紹介いただきました。

ぜひご覧ください。
⇒横浜企業経営支援財団

2017.03.08

NHK Worldの最先端の農業を探る番組で弊社の取り組みが紹介されました。

NHK Worldの最先端の農業を探る番組で弊社の取り組みが紹介されました。
3月9日(木)、10日(金)「NHK World ‘RINSING’」で放送されます!!

★★「NHK World ’RISING’」とは?★★
・【海外版カンブリア宮殿】的な番組(28分間)
・世界に発信するMade in Japan技術の紹介
・アントレプレナーの挑戦の様子、など
★★放送内容★★
・植物工場とは?
・植物工場の現状
・植物工場の海外展開事情
・研究開発の現状と展望
・機能性野菜の将来ビジョン、など
※植物工場の「イマ」が、全てまとまった番組構成となります!!※
★★放送日程★★
Thursday, March 9   10:30 – 11:00 16:30 – 17:00 19:30 – 20:00
Friday, March 10      4:30 – 5:00
※放送日程は全て日本時間です※
★★番組HP★★

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/

◆◆NHK Worldが見られない方は!◆◆
番組HP内でのストリーミング放送でもご覧いただけます。
またその後、オンデマンドとしてYoutubeなどでの放送もございます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/

よろしくお願いいたします。

 

2017.03.06

神奈川新聞に弊社代表の模擬記者会見が掲載されました。

神奈川新聞に弊社代表の模擬記者会見が掲載されました。

2017223日(木)の神奈川新聞にフェリス女学院大緑園キャンパスで開かれた教育プログラム、新聞記者体験を通じ社会人基礎力を身に付ける講座の様子が掲載されました。

弊社の業務内容を紹介し、同大12年生12人が新聞記者となり、模擬記者会見を行いました。

「会見では情報を整理するのが難しかった」とのお声もいただいておりますが、これを機にLEDを利用した植物栽培にも興味を持っていただけたのではないかと思います。